ヤマト魂に学ぶ!!

今日の朝礼も、昨日に引き続き現場力の話をしました。
昨日いなかったスタッフもいたので、強いチームを作ります!宣言を再び
今日の現場報告の中で、まだ入社して浅いスタッフが、随分遅れて思い出したかのように伝達事項の報告!忘れて無かったですか?のお伺い!ヘアスタイルのクレーム!があがってきました。しかし、チームを組んでいる責任者が、しっかりホローして完璧に業務を遂行してるんですよね(頼りになります)良いチームになってるんです(^_^)vしかし、もう一歩!
この後に再度、反省会(褒めることも忘れず!)が必要でしょうね。そうすることで、それぞれが気づくことが出来る。
この繰り返しですね(^_^)v
未来は明るいです

朝礼の話に戻ります
ヤマト運輸の社訓!

ヤマトは我なり・思想は堅実に・礼節を重んじ

まごころを大切に

から学ぶべきことが沢山ありますよ!と話し終わると、
ひとりのスタッフからエピソードがありました。

先週末の話とのこと
スタッフが両親にむけて、クロネコのクール宅急便を利用して贈り物をしたそうです。(クールは少し高価となる)
しかし、約束の時間になっても品物は届かなかったそうなんです。それで問い合わせると「忘れてた!!!」とのこと

そのスタッフも怒って文句をいったそうです。

クロネコさんだから安心して任せたのに、、、、

当然、荷物は直ぐに配達されたようです。

しかしこの後が、、、 

次の日に、送った先の管轄事務所の責任者が頭を下げに来られたそうです。片道70Kをかけて

スタッフは驚いたそうです、!

こんな遠くまでわざわざ、深々を誤る姿を見て大変恐縮したそうです。
忘れてたドライバーは新人だったそうです。

このいい意味での裏切りに、これからもクロネコさんを利用しようと決めたそうですよ(^^)

だれにでも失敗はあるけど、その後をどうフォローするか!
誠心誠意は伝わるんですね!
クレームをチャンスだと思えたらいいねと全員で共感しました。

競争社会で大変ですが、コツコツと誠意を重ねることで、
優しさのリレーができる。温度のあるサービスを展開していきたいですね。
そのための現場力ですね(^_^)v

いいエピソードを聞かせてもらいました。
こんな話が飛びかう場で有り続けたいです