呼吸器セミナー スタッフ感想①

7月31日に「訪問理美容サービスを受けられる医療機器装着患者さんへの対応」をテーマにご講師として吉島病院 訪問看護師の三上さんをお迎えして講習会を開催しました。訪問理美容の視点での内容、実践を交えての講習に、スタッフ皆が熱心に聞き入ってました。

弊社スタッフに講習会の感想を書いてもらったので、本日はスタッフ下井田の感想を紹介します。

理美容サービスを受けられる医療機器を装着している方への対応の講習会を訪問看護師さんにして頂いて、仕事で普段疑問に思っていることを教えて頂きました。

首を切開した部分にチューブが意外に長く入っていることにビックリしました。
利用者さんは痛くても痛いと言えないので、少し頭や体を動かしただけでも、しっかり顔の表情を見ておかないといけません!
切開した部分から髪の毛が入らないように気を付けながらカットしないといけません!
カット中に装着している機器のブザーがなったりします。そのときに何が原因か気が付かないといけません!

いろいろな事に気を付けて利用者さんがしんどくないようにすばやくカットできるように日々勉強です。

人形で実演させてもらいましたが、やっぱり難しいです・・・。
ご家族や病院の方とコミュニケーションをとりながら利用者さんが笑顔になって頂けるように私達訪問美容師はがんばっています!!

今回の講習会はとても勉強になりました。ありがとうございました。